日本ベッド マットレス4つのポイント

◇日本ベッドのマットレスストーリーはこちらから→◇

◇マットレスINDEXページはこちらから→◇


上質な眠りを実現するために、見えない部分にも徹底してこだわります。


◇ Point 1 ◇ Responsive Foundation

 

フレックスアセンブリ

「体を均等に受け止める、ユニット成形の技。」

 

ポケットコイルの上と下の面だけを、不織布の帯でつなぎます。

胴体で接着しないことで、コイルの動きはいっそう自由になり、よりしなやかに体を受け止めます。

表面の詰め物は薄く、コイルの繊細な動きをきちんと伝えます。

日本ベッドマットレスの4つのポイント フレックスアセンブリ

(※シルキーポケットマットレスシリーズ)


 

◇ Point 2 ◇ Edge Support

 

ロールガード

当たりのやわらかい、サイド仕上げの技。

 

エッジをウレタンで包み込み、サイドをやさしい丸みで仕上げます。

手間をかけることで、体への当たりはやわらかく、マットレス自体の傷みも少なくなります。

日本ベッドマットレスの4つのポイント ロールガード


◇ Point 3 ◇ Refined Upholstery

 

真っすぐなテープエッジ

体をしっかり支え続ける、端正なプロポーション。

 

芯にあるポケットコイルの精度はもちろんの事、側面に巻くボーダーやパネルの部品寸法を厳しくチェック。

丹念に仕立てて、ふちが波打たない美しいプロポーションをキープします。

日本ベッドマットレスの4つのポイント 端正な仕立て


◇ Point 4 ◇ Latticed Arrangement

 

千鳥組みのポケットコイル

「整列させない理由があります。」体の動きに対応する、美しいハニカム配列。

 

細かいポケットコイルを密度高く、ハニカム(蜂の巣)のように組みます。

自然の法則にも近いこの並びは、人が無意識に求めるここちよさのための理想形。

体の複雑な動きに、きめ細かくしなやかに対応します。

日本ベッドマットレスの4つのポイント 千鳥組み

(※シルキーポケットマットレスシリーズ)


 

 

line


・シルキーポケットマットレスシリーズ・

組み込まれたポケットコイルは超高密度。ひとつひとつのスプリングがきめ細かくサポートします。まさに眠りの中に沈み込み、とろけるような”絹”の寝心地。身体的メンテナンス力に特にすぐれています。

SHOWROOM

マットレスのサイズや寝心地、フレームの質感、寝装品の手触りなども、実際にお試しいただけます。
皆さまのお越しを各地のショールームでお待ちしております。