2020.07.07 南青山の本社から…        

 

index
・7月、東京の南青山二丁目に…

・アカンサスの花言葉…

・東京の雨の季節も…

・「寛永江戸全図」…

 

7月、東京の南青山二丁目にある日本ベッド本社では、珍しいアカンサスの花が咲いています。

 

裏手にはギンバイカの可愛らしい白い花と蕾

 

くちなしの良い香りが漂っています。

2020.07.


→top


 

 

アカンサス(Acanthus mollis)の花言葉は「芸術(art)」「技巧(arfifice)」。ギリシャの国花。英名は「Bear’s breeches」。
キツネノマゴ科ハアザミ属の植物で、ヨーロッパではよく知られています。
アザミに似たその葉は古代ギリシャの昔から、建築物や室内装飾のモチーフとされてきました。
コリント式建築の円柱頭部、中世教会の天井画、家具、絨毯など、時代ごとの様式で用いられ、ウィリアム・モリスの壁紙デザインも有名です。

2020.07.


→top


 

東京の雨の季節もそろそろ終わり

 

ノリウツギの白は薄緑を含んで八月を待ちます。

 

カシワバアジサイの花房はエレガントな色合い

野性的な葉に囲まれ重たげにうなだれています。

 

ショールーム三階のバルコニーから、揚羽蝶はどこへ飛んで行ったのでしょう。

2020.07.


→top


 

 

「寛永江戸全図」は臼杵市臼杵図書館が所蔵する地図で、現存最古の江戸全体図です。
2001年から始まった臼杵市の絵図資料調査で存在が確認されました。2005年には年代の詳細な検討が行われ、それまで「明暦以前の江戸全体を窺い知る唯一の資料」とされてきた「正保江戸図」を更に遡る寛永末期年代のものであることが判明しています。
赤く印をつけたところが日本ベッドの本社位置です。
寛永、延宝とその変化を追って見ると、現在の南青山一帯は徳川家康重臣 青山大膳下屋敷であったことが記されています。
そもそもこのことがこの付近一帯の地名「青山」の起こりとなりました。

 

※「寛永江戸全図」:株式会社 之潮-Collegio- 2007年12月10日 第1版第1刷 発行 より、一部加工

2020.07.

→top

SHOWROOM

マットレスのサイズや寝心地、フレームの質感、寝装品の手触りなども、実際にお試しいただけます。
皆さまのお越しを各地のショールームでお待ちしております。